印鑑と購入方法

印鑑の購入方法について紹介します

Monthly Archives: 11月 2016

印鑑と認印


認印とは簡単に言えば、書類を読んだ証明や、承認したという印鑑として、朱肉を使用して押す判子の事です。郵便や宅配便の受け取りの際にも、認印が使用されることが多いです。実印と違うところは、特別な登録を必要とせず、インターネットでも手軽に購入でき、現代では様々な種類が数多く存在します。持ち運びにも便利な、朱肉入りの小さいケース付きの物や、質に拘った個性的な物もあり、オシャレな一品としても重宝します。

ただ、小さい物なのでついどこかに置き忘れたり、移動中に落としてしまうと見つけにくかったりします。もしもの時の為に2個持っていても損は無いので、特に社会人の方でよく認印を必要とする方は、常に複数の認印を持ち歩いたり、仕事用と自宅用で使い分けるのが良いかもしれません。

認印は名字が彫られているだけですので、個人情報流出といったトラブルになることは、ケースの中に個人情報を示すものを入れでもしない限り、滅多に起こることはありません。携帯電話や財布といった物よりも、安心して気軽に持ち歩くことができます。

宅配便の受け取りに必要と書きましたが、手書きのサインや拇印でも良い場合も多く、むしろサインや拇印の方が本人証明には向いていたりします。そう考えると、日常生活において認印は、実は無くても良かったりもしますが、あった方が便利なのも確かです。

値段が手軽な物も多く、比較的すぐに購入できますし、まだお持ちで無ければとりあえずでも良いので、持っておくと後々で役に立つ日が来ることでしょう。ここから先は、認印の購入方法、認印の使用箇所、別視点からの必要性、といった3点に分けて、より細かくお伝えしていきます。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress