印鑑と購入方法

印鑑の購入方法について紹介します

Monthly Archives: 12月 2016

認印の使用


さて、購入がお済みになりましたら、使用箇所について少し見ていきましょう。と言っても、必要な時には相手に「必要です」と伝えられる場合が多いので、なんとなく知っておくだけでも、認印の準備があれば困る事はありません。最も多く使用するのが、先にも述べましたように、郵便や宅配便の受け取りといった時です。

どちらかと言うと、認印が使用できない場合を知っておいた方が、後々に困らないかもしれません。様々な場合がありますが分かりやすいのは、新品自動車の購入や、新築の家を建てる場合、不動産との売買契約、銀行との重要契約書類、と言うような金銭が大きく関わる場合は、大抵において認印ではなく実印を求められます。

逆に言えば、個人的な買い物であったり、携帯電話の売買契約のように、比較的全国規模で頻繁に行われていて、常に高額ということでないものは、認印さえあれば何の問題もありません。個人でよく使用されるという点から見ても、認印は決して専門的で特殊なものでは無いのです(法人の場合は使い分けが必要な事もあります)。

仕事で使用するのでもなければ、毎日使用するものではありませんが、大人になるとどこかで必ず必要になります。あまり複雑に考えずとも大丈夫ですので、いつ使用することになっても良い様に、常に1個は手元に置いておくのが、大人として賢い選択と言えます。

認印の購入


それでは、まずは認印の購入についてですが、実は物凄く身近な場所に常に置いてあります。購入方法としては、インターネットの判子専門サイト等で、じっくり考えて購入するのがオススメです。本人証明に使用するということで、名字は変えることはできませんが、判子のサイズは範囲内で自由に選べますし、ケースの色や種類、判子の材料を選ぶことも可能です。

値段に関しては決して高い物ではありません、1000円~3000円で購入できる物がほとんどです。材料の質に拘ると相応に高くはなりますが、日常的に使用するだけであれば、1000円台の物で充分に役立ちます。ほんの少し注意する点としては、相手に伝える為の物ですので、できるだけ見やすい書体を選ぶのが無難です。とはいえ、拘りの認印は美しいデザインの物も多く、ファッションとしても楽しめますので、外出時に頻繁に使用される方は、購入を検討してみるのも良いと思います。インターネットでの購入が楽で便利ですが、万が一紛失してしまい、尚且つすぐに必要になった時の為に、お店に足を運んで購入してみるのも良いと思います。

販売しているお店は意外と多く、ホームセンター、文房具屋、スーパー、そして100円ショップでも販売している店があります。これらのお店がお近くにありましたら、1度だけでも足を運んで確認しておくと、後々もしもの時に不安を抱えずに済みますので、お時間がある日に散歩がてらにでも是非。より細かく拘りたい人でしたら、インターネットで購入するよりも、判子専門店は今も確かに存在していますので、少し遠出でもそちらに通うのが最善です。

通販の普及の影響もあり、現在の店舗数は決して多いとは言えませんが、ネットでなんとなく低品質を購入するより、直接交渉するとやはり愛着も湧くものですし、《可能な範囲で良い物を求める》のが良いかと存じます。

リンク|印鑑通販…認印など印鑑を購入できる専門サイト<いいはんこやどっとこむ®>です。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress