印鑑と購入方法

印鑑の購入方法について紹介します

認印の使用


さて、購入がお済みになりましたら、使用箇所について少し見ていきましょう。と言っても、必要な時には相手に「必要です」と伝えられる場合が多いので、なんとなく知っておくだけでも、認印の準備があれば困る事はありません。最も多く使用するのが、先にも述べましたように、郵便や宅配便の受け取りといった時です。

どちらかと言うと、認印が使用できない場合を知っておいた方が、後々に困らないかもしれません。様々な場合がありますが分かりやすいのは、新品自動車の購入や、新築の家を建てる場合、不動産との売買契約、銀行との重要契約書類、と言うような金銭が大きく関わる場合は、大抵において認印ではなく実印を求められます。

逆に言えば、個人的な買い物であったり、携帯電話の売買契約のように、比較的全国規模で頻繁に行われていて、常に高額ということでないものは、認印さえあれば何の問題もありません。個人でよく使用されるという点から見ても、認印は決して専門的で特殊なものでは無いのです(法人の場合は使い分けが必要な事もあります)。

仕事で使用するのでもなければ、毎日使用するものではありませんが、大人になるとどこかで必ず必要になります。あまり複雑に考えずとも大丈夫ですので、いつ使用することになっても良い様に、常に1個は手元に置いておくのが、大人として賢い選択と言えます。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress